スゥイートシンディー人形
ふわふわ抱き人形の
型紙と詳しい作り方(すべて無料)
目次を表示 <戻る 最初へ戻る 進む>



ニュース


かわいいメイド服のスゥイートシンディー
Mars氏設計、製作のメイド服が完成、ブラウス、ワンピース、エプロンからなる本格派です。型紙は近日中に公開されます。さらに詳しい情報はこちら。

プレゼンテーション

 スゥイートシンディーの概要を分かり易く説明したプレゼンテーション資料をご覧頂けます。(コミックマーケット68で販売したものの一部です)

ご紹介


ボリューム感のあるスゥイートシンディー

安らぐシンディー人形

斜め後ろから見てもサマになる

より、自然な関節

好奇心旺盛なスイートシンディー

腹部をソフトに膨らませて抱き心地をさらに改善
胸元の開いたドレスも似合います

喉から胸へ、さらに腹部への自然なカーヴ
写真は髪の毛を全て取り付けていない状態です

股関節にも若干の改善
 シンディー人形を発表して暫くすると、彼女を作って頂いたり、抱いて頂いたりした方から、彼女をより良くするための多くの助言を頂きました。本当にありがとうございます。助言の一部はこちらで紹介しております。
 私は、これらの助言は現実の要求から発しているので、何れも重要だと思いました。そこで、できるだけそれらの意見を反映してシンディー人形を改良し、スゥイートシンディー人形(Absolute sweet Cindy in the scullery)を作ろうと努力しました。
特徴

 スゥイートシンディー人形は、オリジナルのシンディー人形をもとに改良されており、次の特徴があります。
  1. うっとりするような、柔らかで優しい抱き心地
  2. お子様や病気の方にも負担が小さい、軽量のボディー
  3. 親しみやすく飽きが来ない、シンプルで温和な表情
  4. 豊かな抱き心地が得られるボリューム感のあるボディー
  5. 洗濯(押し洗い)可能な構造と材料を採用
  6. 髪の毛に至るまでコットン素材を採用し、皮膚への刺激を低減
  7. 滑らかで自然なボディーや手足のラインで、手作りのドレスなどが引き立ちます
  8. 型紙と作り方はいずれも無料、お作りになられた人形の販売もOKです
  9. もちろん、ドレスを作って着せ替えも楽しめます
寸法と素材

サイズ 高さ 90cm
材料 ボディー 化繊綿を詰めたコットンシーチングとコットンジャージ
化繊綿を詰めたコットンシーチングとコットンジャージ
ヘアー サマーヤーン(木綿100%/編み立て)
ドレス コットンシーチングと綿レース

作り方

 スゥイートシンディー人形は次の手順で作ります。
  1. 材料と道具、型紙の準備
     材料と道具を集めて、型紙を印刷して切りぬきます。
  2. 腕と脚
     手足を縫って綿を詰め、手をジャージ布で覆います。
  3. ボディー
     ボディーを縫って綿を詰め、ボディーに足を取り付けます
  4. ヘッド(1)
     ヘッドと首を縫って綿を詰め、ヘッドをジャージ布で覆います。
  5. ヘッド(2)
     ヘッドに、目、耳、を取り付け、口を刺繍します。
  6. 髪の毛
     ヘッドに髪の毛を取り付けます。
  7. 組み立て(1)
     ボディーと首を縫い合わせ、ボディーをジャージ布でカバーします。
  8. 組み立て(2)
     ボディーにヘッドと手を縫いつけます。
  9. ワンピース
     ドレスを作って、着せれば完成です。
助言と改良点

 助言にもとづいて、スゥイートシンディー人形は次のように改善されています。残念ながら、力及ばず、改善できなかった項目もあります。
  1. もっとボディーや脚や腕にボリューム感を与えること
     胴体や手足の太さを20%大きくし、十分なボリューム感が得られるようにしました。
  2. 髪の毛が抱く者を刺激しないこと
     標準の髪の毛に、木綿100%のサマーヤーンを利用しました。
  3. 洗濯できること
     オリジナルのシンディー人形も材料を吟味すれば洗濯できましたが、今回は材料と作り方に対する記述を一層充実させました。
  4. 市販の靴下等、子供服が利用し易いこと
     従来はオプションであった、踵のある足を標準に採用して、市販靴下の着用を容易にしました。また、身長の5センチ拡張と、太さの20%拡張で、95〜105センチ用の子供服の一部が、従来のシンディー人形より、フィットし易くになりました。
  5. 関節やおなかのラインを自然にすること
     ヘッドだけではなく、ボディーと手足にもカバーを設けて、関節や、おなかのラインを滑らかに、自然にしました。
  6. 植毛しなくても、髪形を変えて遊べること
     毛糸で高密度の蓑毛を作って縫い付ける方法と、蓑毛を縫い付ける位置と方向を工夫し、ダウンスタイル、ポニーテール、一つまとめ、三つ編み(1本)、2つくくり、三つ編み(2本)の髪型に変更することが可能になりました。髪形の変更途中でも、地肌が見えて禿げに見えることが無いように工夫されています。
  7. より簡単に作れること
     このご要望には対応できませんでした。滑らかな体型を得るために、ジャージ布でボディーをカバーする構造としたので、製作工数はオリジナルのシンディー人形より大きくなってしまいました。ただし、ボディーのカバーを行わなければ、オリジナルのシンディー人形と同等の工数で製作が可能です。

 また、オリジナルのシンディー人形では、例えば布製のヘッドを選んだ場合等には、作り方の説明ページがあちらこちらに分れていて、分りにくい場合がありました。そこで、スゥイートシンディー人形では、布製のヘッドと足のある脚という最も良く作られる組み合わせについて、一貫して作り方を説明することにしました。

皆様の作品

 本ページの読者の皆様から頂いたスウィートシンディーの写真をご紹介致します。あなたが作られたシンディーの写真をお待ちしています。詳しくは、作品紹介のページの末尾をご覧下さい。


作品紹介のページへ


エクボ君人形の作り方

 あるひ様より男の子の人形の型紙をご提供頂きました。ドクが作り方を作成しておりますので、ご参考ください。

エクボ君の作り方


ライセンス

 スゥイートシンディー人形本体の型紙と作り方はフリーソフトウェアの精神に準じるものです。あなたはこれを、フリーソフトウェア財団によって発行された GNU 一般公衆利用許諾契約書(バージョン2か、希望によってはそれ以降のバージョンのうちどれか)の定めを、「ライセンスのページ」の精神に従って人形の型紙と作り方に適用した条件の下で再頒布または改変することができます。
 この型紙と作り方は有用であることを願って頒布されますが、*全くの無保証* です。商業可能性の保証や特定の目的への適合性は、言外に示されたものも含め全く存在しません。詳しくはGNU 一般公衆利用許諾契約書をご覧ください。
 具体的な説明がこちらにあります。
    このページはリンクフリーです。下のバナーもよろしければご利用下さい。

    DOKUについて

      メイル(doku@newon.org)

      「DOKU」は医者を意味しません。「DOKU」は日本語の単語「DOKUTOKU」に由来します。ま た、それはユニークとオリジナルを意味します。