『なぁんちゃって電子工学』

楽しい電子工作のための

電気知識のテキストとワークシート


ご紹介

 本書は趣味で電子回路を楽しむ方のために作成しました。つまり、回路を理解したり設計して遊ぶ方を対象にしています。このため、本書は次の方針で作成しています。
  1. 数学を忘れた人でも(簡単な算数ができれば)電子回路が楽しめるようにする
    正確さは潔く犠牲にして、「式」では無く「図」を使って、日常生活に喩えて説明しています。計算はExcelで行います。
  2. 回路図から回路の動作を感じられるようにする
    等価回路に置き換えずに、回路図上で動作を説明することで、回路図から直接に動作を読み取り、回路の動作を感じながら回路図を描いて楽しめるように工夫しています。
  3. 理解が深まるよう構成する
    解説と練習問題を交互に組み合わせ、質問に答えながら読み進めることで、理解が深まるように構成しています。
  4. 予備知識が無くても読めるようにする
    基礎的な内容も必要に応じて紹介し、予備知識が無くても理解できるように構成しています。
 本書は、分り易さを重要視しすぎた結果「不正確」なうえ、(個人が作成しており、校正が行き届かないため)「誤字・脱字・誤算等」が多いことをご了承ください。
 プロのエンジニアから「こんな説明では安全に動作する機器は設計できない」と非難があるのは当然でしょう。しかし、思い出してください。あなたが子供の頃、色々な回路を作っては壊した愉快な思い出を。そのような楽しさを味わう下地を提供するのが本書の目的です。まずは「安全じゃないけど、一応は動作するように設計できる」所まで行きましょう。

試しにブラウザで閲覧してみる

『なぁんちゃんて電子工学』HTMLファイル(ShoddyElectronics882.doc:58Mバイト)
(Wordファイルを変換したため、ブラウザでの表示は不完全です)

PDFファイルをダウンロード

『なぁんちゃんて電子工学』PDFファイル(ShoddyElectronics882.pdf:34Mバイト)

内容のご紹介


等価回路に置き換えずに、回路図上で動作を説明…


オペアンプの動作を擬人化してこのとおり…


交流もたとえ話で簡素に…


苦手な人が多いコイルもイメージ図で克服…


目次

1. はじめに...........................................................................1
2. 直流回路入門.......................................................................3
3. 直流回路......................................................................... 15
4. 交流回路入門..................................................................... 46
5. 交流回路(周波数が一定の場合)前編............................................... 54
6. 複素数とExcel .............................................................. 81
7. 交流回路中編(周波数が一定の場合)............................................... 91
8. 交流回路後編(周波数の変動を扱う場合)...........................................101
9. アナログ回路入門.................................................................121
10. アナログ回路前編 ..............................................................134
11. アナログ回路中篇 ..............................................................194
12. 半導体回路入門.................................................................235
13. 半導体回路.....................................................................263
14. アナログ回路後編 ..............................................................405
23. あとがき.......................................................................460


免責

 本書は全く新たに書き起こしたものです。つまり、私自身の過去の著作物をコピー・ペーストすることはもちろん、参照することもせずに、白紙のの状態から作成したものです。これにもかかわらず、自然科学現象を平易に説明するという性質上、私が過去に作成した書面と類似の表現が現れる可能性があります。
 本書のあらゆる関係者は、本書の情報とその運用結果及び、その影響について、かかる損害の発生可能性を了知している場合であっても、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。
 また筆者が若い頃に、名著『プログラム学習による半導体回路TU』(職業能力開発教材委員会)で勉強したため、一部同書と似た表現や練習問題が表れる傾向もあります。もちろん参照して引き写した部分は一切ありませんが、若い時期に刻み込まれた記憶は一生残ってしまう結果として、(同書が名著である証であると考えて)ご勘弁ください。

著作権


お知らせとお願い

 本書は未だ完成していません。完成させ得るかどうかも分りません。練習問題はもちろん、あらゆる記載内容は一度も見直したことがありません。とりあえず下書きしただけのものです。
 PDFファイルに加えて、元になるWordのファイルも公開しますので、問題点を修正して再配布頂くと助かります。その場合、ファイル名に付与している番号を次第に減算(つまり、次の版は〜881となります)して新しい版を識別して頂きたくお願いします。資料中の(★)の部分は将来加筆したい項目です。

元ファイルや図表のダウンロード(追加訂正者用)

『なぁんちゃんて電子工学』ワードファイル(ShoddyElectronics882.doc:58Mバイト)
『なぁんちゃんて電子工学』図表ファイル主に前半用(ShoddyElectronicsA882.ppt:3.4Mバイト)
『なぁんちゃんて電子工学』図表ファイル主に後半用(ShoddyElectronicsB882.ppt:16Mバイト)

ご自由にリンクを設定してください。バナーもご利用頂けます。